江ノ電沿線

鎌倉海浜公園 稲村が崎地区

稲村ヶ崎から眺める美しい夕日にウットリ

稲村ヶ崎は、「かながわの景勝50選」に選出されている絶景スポットです。

沈み行く夕日と、シルエットになった富士山、江の島灯台(シーキャンドル)の回転するライトと輝く街の灯。特に、冬場の夕暮れ時は美しく、たくさんのカメラマンが集まります。

稲村ヶ崎一帯は、鎌倉幕府が滅亡した元弘3年(1333)、倒幕軍の武将・新田義貞が波打ち際から鎌倉へ攻め入った古戦場跡。今は、公園として整備され、家族連れなどが訪れる観光スポットになっています。

海辺を散歩

由比ヶ浜から稲村ヶ崎一帯までの海辺は、「鎌倉海浜公園」として整備されているので、潮風に吹かれながら散歩するのもおすすめです。

由比ヶ浜側から歩いて行くと、海に突き出した稲村ヶ崎が見えてきます。

シルエットになった富士山

日没後は、シルエットになった富士山がとてもきれいですね。

海沿いの国道を走るクルマのライト、それに宝石のように輝く街の灯なども、ロマンチックな雰囲気の演出に一役買っています。

近くには、鎌倉で唯一の天然温泉「稲村ヶ崎温泉」もありますので、ほっこりカラダを温めて帰りましょう。